<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
我が家の多彩な住人たち
 10日間の帰宅を終えて、明日は埼玉へ。聞けば、猛暑とか。ここ東和町は、日中は暑くても朝晩は涼しく、このブログを書いている今も、網戸を通して涼しい香りの風がそよそよと入って来ています。東和町でも、蝉が鳴き始めました。いよいよ、夏の到来です。
 さあ、しばらく会えなくなる私の畑の住み人を見てください。

P7120020.JPG

今年はじめての収穫

P7120023.JPG

熊が食べにくるかもしれないよ、と隣人に脅かされたネクタリン

P7130034.JPG

君、見慣れないねえ

P7120021.JPG

カボチャの花



P7150056.JPG

草取りしてたら出会った日本蜜蜂?の巣。朝早いので、まだ寝てるみたい。やれやれ

P7160018.JPG

今年はベリーの当たり年。赤フサスグリ、黒フサスグリ、グスベリ...グズベリは子供時代を思い出す。
友人の恵さんに教えてもらったノルウェー風ベリータルトを作るんだ!

Setsuko
[PR]
by ST-G | 2008-07-16 21:44
2008大人の遊び時間in東和パート3
 さあ、モデルガーデンでのTシャツ作りを終え、農家の母さんたちが経営するレストランでおいしい昼食をいただき、午後は、山本実紀さんのお宅で、「Kiwi-craft体験:ウールから糸へ、糸から形へ」のワークショップの始まり始まり!
 kiwi-craftとは、ニュージーランドの先住民マオリの人たちが、働いていた毛刈り小屋の中で、何の道具もなしに、糸をつくりそのまま編んでいたのが、はじまりと言われているそうです。日本には、神奈川県の村尾みどりさんという方が紹介されて広まったそうです。
kiwi-craftもフェルト作りも、どちらも「力を抜いて」の作業なのですが、この「力を抜く」がなかなかできないのですよ。

1日目:kiwi-craftの様子

P6140281.JPG

到着して、まずは羊とごあいさつ

P6140282.JPG

ウールの房。左手側が根元。右手側が毛先。

P6140284.JPG

房状のウールを片手に持ち、扇状に広げるように繊維をほぐしていく。

P6140287.JPG

ウールの根元側から繊維を引き出しヘビ状にしていく。
膝の上で、ヘビ状のウールを転がし、糸にしていく。
そして、糸になったものを、しっかりと玉に巻きます。

2日目:フェルトボール作り

まず、ウールをほぐし、しっかり玉に巻いて芯を作る。
両の掌で力を入れず、水分を含んだボールを転がす。

P6150320.JPG

ほぐしたウールで芯をくるみ、だんだん大きなボールにしていく。
そして、ボールをお湯に浸け、ぎゅっとにぎってボールの中にまで水分を浸みこませる。

P6150316.JPG

掌に石鹸をつけ、力を入れず両の掌でボールを転がす。

P7140037.JPG

出来上がった糸の玉と可愛いフェルトボール

P6150325.JPG

P6150328.JPG

ナバホスピンドルで糸を紡ぐ。手仕事の美しさにしばし見とれました!

「力を入れず、力を入れず」と何度も先生に促されながら黙々と作業し、ウールのほんわりした感触と、手の中でそのほんわりさが糸やフェルトという形になっていく不思議をたっぷり味わえた2日間でした。

Setsuko
[PR]
by ST-G | 2008-07-15 17:59
庭に畑に、雨よ降れ、降れ!!
 あまりの乾きにいよいよ自宅の畑に水をあげなくちゃならないかな、と思いはじめていましたが、地元の方に、「やらない方がいい。一度やれば、毎日やらなきゃならなくなる。やらないとすぐにへたってしまう。野菜もやっと自然に慣れはじめてきたんだからやらない方がいい」と言われ、なるほど納得。植物たちの「生きる力」を信じて我慢しました。でも、ようやく昨夜恵みの雨が降りました。2週間ぶりの岩手、畑は草ぼうぼう。そんな草にも水不足にもめげず、育ってくれていた花に野菜に木の実に感謝しながら、手入れを楽しんでいます。

P7080115.JPG

茂った草を抜いてみると、うれしい発見。おもちゃかぼちゃの赤ちゃん。

P7080117.JPG

草取りの後、すっきりした表情のとうもろこしとかぼちゃ畑から空を見上げる。

P7100006.JPG

あま~いグズベリが、のどの渇きを癒してくれる。

P7100021.JPG

終わったら泳がせてね、とじっと辛抱して待ってくれる愛犬、愛南。

P7100025.JPG

まっ白いアナベルがさわやか。

P7100030.JPG

家の裏に作られた宿根草のボーダー花壇を際立たせるのは、赤いモナルダ。

Setsuko
[PR]
by ST-G | 2008-07-11 19:44
東和の西洋風モデルガーデン、宿根草が元気!!
 春から雨が極端に少ない東北で、入梅したという「噂?」を尻目に、まだまだ渇き気味。雨乞いしたい農家の人。私も、庭に畑に雨乞いしたい!心境です。ここ岩手でも30度を超える暑さの中、だらだら流れる汗と腰の痛みの合間に、ふと視線を上げた時、こうした宿根草の美しい色とすがすがしい草姿は目に優しく、この庭をお手入れできる幸せを感じます。

P7070096.JPG

小さい可愛い花をつけてくれたハゴロモルコウ。繊細な茎と葉が伸びてくれるまで首を長くして待ったかいがあった! 

P7080128.JPG

「秘密の花園」の鏡に映るアスチルベ

P7080131.JPG

私のお気に入り、アメリカンブルーと忘れな草の組み合わせ

P7080133.JPG

梅雨空を吹き飛ばすクラーキアのまぶしいオレンジ色

P7080134.JPG

園芸療法ガーデンを彩るクラーキア、ラベンダー、白蝶草

Setsuko
[PR]
by ST-G | 2008-07-10 20:02



グロッセ世津子のブログです
by ST-G
リンク
カテゴリ
全体
園芸療法・生活全般
未分類
最新の記事
まるごと〇
at 2017-02-24 21:24
まるごと〇
at 2017-02-23 20:12
まるごと〇
at 2017-02-15 19:43
まるごと〇
at 2017-02-14 21:16
まるごと〇
at 2017-02-08 17:15
検索
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧