<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
母の病室から見える風景~その後~
 母より2週間ほど遅れて入院されたYさんは、小柄でいかにも身がるそうな可愛いい感じのおばあさん。同じように大腿骨を骨折されて手術を受けたのだが、「トイレに行きたい」が口癖だった。でも看護師さんからは、「管がついているから大丈夫ですよ」と静止されてしまう。「わかっているけど、何だかした気がしなくて」とYさん。それでも、看護師さんの「大丈夫」に押されて納得せざるをえない。看護師さんが帰ると、「せつないねえ、せつないねえ」とつぶやく。こんなやりとりが何回も何回も続く。そのうち看護師さんは、「もう少し我慢してね」と哀願するように言う。Yさんは、いちお「そお?」と言って折れる。
でも、切ないことに変わりはない。またしばらくするとごそごそ動き出す。「どうしましたか?」と看護師さんは飛んでくる。離床センサーのおかげで、全ては看護師さんのお見通し。そんなこととは露知らず、何度もベッドから抜け出そうとするYさん。
 そして、同じやりとりが始まる。看護師さんが去ると、「せつないねえ、せつないねえ」とつぶやくYさんのその切なさが私にも切なくなってくる。そのうち、看護師さんの「もう少し我慢してね」の「もう少し」とYさんの考える「もう少し」が噛みあっていないような気がしてきた私は、何度目かに飛んできた看護師さんに、「あとどのくらい待てばいいのでしょうかね」と聞いてみる。「抜糸まで」という答え。「あと何日くらいしたら抜糸できるんでしょうね」と私。「あと3,4日」と看護師さん。それは、私も驚くくらいの「長~い長~いもう少し」だった。看護師さんが帰ってから、私だけではなく隣のIさんも、「あと3晩寝ればトイレに行けるそうですよ」とYさんを慰める。

 「何もやることがなくてね」という母に、そんなときはどんな風に時間を過ごしているの?と聞いてみた。「窓の外を眺めてる」と母。「でも、変わらなくてね」とも。「この間、鳩が来たよ!」と言って、しばらく間を置いてから「カラスよりましでしょ」と目を丸くして言う母に、私は思わず吹き出してしまう。「昨日はね、欄干(窓の前のテラスの)から垂れる水滴を見ていた」と語る母の言葉に、乾いた病室から見える雨の日のこんな風景が、私の目にも鮮やかに映るのだった。

f9112ac47ccfdee2%5B1%5D.jpg

エコールの受講生さんから、折り紙4枚で作る独楽の作り方を教えてもらった。早速母に持って行った。テーブルの上で回して見せると、「きれいだね」と思わず手を伸ばし、自分でも回してみる。くるくる回る色鮮やかな回転木馬のように楽しい。Yさんにも差し上げた。「きれいですね」と、何度も何度も回していらっしゃる。この日は、園芸療法の生徒さんからいただいた富山の薬売りの紙風船も持って行った。母もYさんも一生懸命膨らませて、遊び始める。そこから始まった母の子供の頃の思い出話(時々私の子供時代の話と混じり合うのだが)。絵まで描いてくれた「陣地取り」も面白かったが、下駄スケートの話にはびっくり。歯のすり減った下駄の裏底に箱釘(箱用の釘だそうだ)を打ちつけて、鼻緒をつけてスケートのようにして滑って遊んだそうである。普段はむしろ無口な母が、思い出が堰を切ったように流れ出て2時間も話し続けた。今まで耳にしたこともないような話がたくさん聞けて、入院という時間にちょっと感謝する娘。独楽のお陰、紙風船のお陰!

SANY0049.jpg

庭の紅梅と日本水仙を数本切って母へのお土産に持って行った。水仙は甘くさわやかな香りを、電車の中でも病室の中でも放ってくれていた。Yさんはじめ最近同室の人となったYSさんも、「あ~きれい!あ~いい匂い!」と喜んでくださる。ほとんど言葉を交わすことのないMさんは、いつもベッドに横になって目をつぶっていらっしゃる。恐る恐る近づいていって、声をかけてみる。「Mさん、お花をお持ちしましたよ」と。「えっ?そうですか?」とむくっと起き上がるMさん。何だ、こんな力があったのか、と驚く私。大きく目を開けて「ありがとうございます」と言ってくれる。「私は耳が遠いからよく聞こえなくて」ともおっしゃる。だから話の輪に入れないでいたのだな。
 「これは口紅水仙?」と、ちょっと勘違いする母。昼食を運んできた看護師さんも、車椅子を取りに来た理学療法士さんも、体温を測りにきた看護師さんも、「かわいいね」「いい匂い!」「中にいても外を感じられるね」などと声をかけてくれる。
 昼食後、母に水仙の水揚げをしてもらう。茶碗を持つ母の手は震えがちだったが。水の中で水仙の茎を切りながら、「太いねえ!」と感嘆符つきの驚きを表す母。水揚げした後の花を眺めながら、「今日、一番の正解だったね」と突然つぶやく。「えっ?」と私。「みんな何かかんか声かけてくれたでしょ」と言うのである。そのことが、母にとって「正解」だったのである。「太かったねえ!」ともう一度、あのときの驚きを、目を丸くして再現。「でも大したものだねえ。風に吹かれても折れないんだからねえ。植物の生命力というか何て言うか、凄いねえ!!」としきりに感心する母。園芸療法の真髄を絵にしたような母の言動に、おかしいやら、改めて感動するやらの娘でありました!!

P2170030.JPG

P2170029.JPG
[PR]
by ST-G | 2009-02-16 20:47
Ecole Grossé class6 「たまごのポプリ」
1%E5%A4%A7.jpg

今日は、エコール・グロッセ一期生の最終クラスでした。
クラス内容は、創作♡♡♡活動で「たまごのポプリ」づくりです。

はじめに、何種類かのハーブを自由にセレクトして香りを調合します。
それから、本物のたまごに丁寧に和紙や千代紙を貼付けるのですが、、、
ご覧下さい♪皆さんの個性に溢れた作品たちです。

2%E5%B0%8F%EF%BC%92.jpg
%EF%BC%92%E5%B0%8F.jpg
%EF%BC%92%E5%B0%8F%EF%BC%93.jpg
2%E5%B0%8F%EF%BC%94.jpg

不思議な事に、ほとんどの方が無意識に、
ご自分の今日選んで着て来られた洋服と同じような色や模様の、
たまごのポプリをデザインしていました。
香りもよく、それぞれに違うので話題がつきません。
☆☆☆☆☆〜*〜☆☆☆☆☆〜*〜☆☆☆☆☆〜*〜☆☆☆☆☆
次回のクラスは、3月4日(水)10:30〜16:30
場所が、変更しました!!
浦和Rifor http://www.rifor-green.com/
Riforへのアクセスは、「浦和」「北浦和」「さいたま新都心」より、
バスをご利用下さい。詳細はお申し込み後お送りいたします。

最終のクラス、本当に楽しかったです。ありがとうございました。

%EF%BC%92%E6%A8%AA.jpg
%EF%BC%92%E6%A8%AA%EF%BC%92.jpg
%EF%BC%92%E6%A8%AA%EF%BC%93.jpg
%EF%BC%92%E6%A8%AA%EF%BC%94.jpg
[PR]
by ST-G | 2009-02-07 19:00
Ecole Grossé class5「他者とのコミュニケーション」
SANY0048.jpg

今日は、エコール・グロッセ癒しのコミュニケーションのClass5、
平日コースでした。
「他者とのコミュニケーション」〜身体で表現する、感じる、想像する〜
と、その前に参加者の方が折り紙でコマを創る方法を教えてくれ、
皆で、プチ折り紙教室をしました。
4枚の色違いの紙からひとつのコマをつくるのですが、
回してみるととてもきれい!
皆でいっせいに回してみようとやってみたのですが、
写真に収めるのは難しかったです。
SANY0053.jpg
SANY0054_2.jpg

それから、身体表現の世界です。
言葉を使わずにジェスチャーで伝える“しりとり”ゲーム。
これは、自分が如何に身体で表現せず、
言葉に頼っているかを痛感させられます。
やる時は、恥ずかしいのですが相手に伝わると、
もっとやってみたいと思う所が面白い!
SANY0086.jpg

さて、後半はまた無言の世界です。
二人一組、相手と手をひとつにして与えられたテーマで一枚の絵を描きます。
相手の呼吸、表現したい事に心を傾けるという、
これも、普段ココまでひとと近くで何かを一緒にする事はありませんが、
言葉に頼らずに、相手の心に集中する事で、
感覚が研ぎすまされていきます。
SANY0101.jpg
SANY0111.jpg
とにかく笑いの多い一日でした。ありがとうございました。
SANY0117.jpg
[PR]
by ST-G | 2009-02-04 18:26



グロッセ世津子のブログです
by ST-G
リンク
カテゴリ
全体
園芸療法・生活全般
未分類
最新の記事
まるごと〇
at 2017-02-24 21:24
まるごと〇
at 2017-02-23 20:12
まるごと〇
at 2017-02-15 19:43
まるごと〇
at 2017-02-14 21:16
まるごと〇
at 2017-02-08 17:15
検索
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧