<   2011年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧
となりの神さま~193人目~
久しぶりの花っこクラブ 続き

花の手入れが終わり
シシトウやナスやトマトはメロンの収穫が終わって
f0213192_22572329.jpg

f0213192_2258761.jpg

ご苦労さん、と一休み
それでは、暑気払いを兼ねて色遊びしましょうか
f0213192_22545222.jpg

半紙を好きに折って、色水に浸してできる思いがけない模様
f0213192_22554333.jpg

どんな色に染まっているのだろう?
f0213192_2395221.jpg

広げる時の緊張感
f0213192_23102525.jpg

広げた時の驚き
「わーっ!!」と声を上げることしきり
f0213192_2256289.jpg

私は、一枚一枚に感動して
活動が終わった後、ひとりひとりの作品をカメラにおさめる
f0213192_23124822.jpg

f0213192_23131284.jpg


もっともっと作品をご紹介しますよ!!
[PR]
by ST-G | 2011-08-30 23:04
となりの神さま~192人目~
久しぶりの花っこクラブ

1週間以上続いた雨が止んで久しぶりの快晴
花っこクラブも久しぶり
種から育てた百日草、マリーゴールド、千日紅、コリウス、バジル、
トマト、シシトウ、ナス、キュウリ、ゴーヤ、メロンなどなどが元気いっぱい
草も元気いっぱい
まずは、花のお手入れから始めましょう
百日草の枯れた花はどれかな?
f0213192_1411769.jpg

ドライにする千日紅を切ろう
f0213192_14104772.jpg

プランターの側面から出てきて、リボンのように愛らしいバーバスカム
f0213192_1424883.jpg

お手入れが終わって一段落した時、聞いてみた
「この花の名前知ってる?」
「ジニア」と栄子さんが答えてくれる
「そうだね。百日草とも言うんだよ
ところで、どうして百日草、という名前がついているんだろうね
ちょっと考えてみようか?」
「脳味噌の中で考えるの?」と知也君
面白いこと言うなあ
頭をかしげながら、みんな考えてみる
なかなか思いつかない
長い沈黙. . . .
{想像力を膨らませてみよう」と私
「百日生きる草だから?」と、たかとも君は慎重に小声で、でも勇気出して言ってみた
すごいねえ!
そして、私は少しつけ加えさせてもらう
「ひとつの花が百日生きるわけではないけれど、
一本の茎に次から次への他の花が生まれていのちをつなぎ、
みんなで力を合わせて百日という長い時間を生きるんだよね」と
こんな話をすると、みんなの目が輝くんだよね
こんな話ができるとき、あ~いいなあ、と私も嬉しくなるんだよね
f0213192_146516.jpg

[PR]
by ST-G | 2011-08-29 14:06
となりの神さま~191人目~
「リュックさんよかった!」と、久美ちゃんは思わず抱きついて

東和町の西洋風モデルガーデンは、今年で15周年
植えた時あんなに小さかった木々が今では大きく生長し
緑とフォルムのバリエーションが際立ち
私たちは、「フォレストガーデン」と呼ぶようになりました
久しぶりの仲間たちと、は~い、ティータイム
f0213192_23215065.jpg

[PR]
by ST-G | 2011-08-27 23:21
となりの神さま~190人目~
宅急便の運転手さん

夕方自宅の電話が鳴る
「あの~みどりのゆびさんでしょうか?」
「はい、そうです」
「今、田瀬から東和町の方に登っているのですが道がわらなくて」
そうなんだよね。ナビがあっても、目印がない
運転手さんがどこにいるのか、私自身も特定できないまま、
とりあえず、近隣の最大の目印であるはずの丹内山神社をめざしてもらって、
そこからの道順を説明して一端電話を切る
しばらくして、また電話
丹内山神社を通り過ぎて、言われたように向かったけれど
「十字路に出てしまいました。ここはどこなんですか?」
えっ?そんなこと聞かれても...私にもさっぱり見当がつかない
十字路なんて、大なり小なり「売るほど」あるし
よくよく話を聞いていると、
私は、「丹内山神社を左手に見て云々」という説明したつもりなんだけれど、
運転手さんは、右手に見てまっすぐ行ってしまったらしい
だから、私の説明とは逆方向に進んでしまったのだ
焦り始める運転手さんに、大丈夫と、落ち着いてもらって、
今の道を戻り神社を左手に見るように走って欲しい、と伝える
その上で道順をまた説明して、電話を切ろうとすると、
「あの~このまま切らずにいてくれませんか?心細くて」
「あなたどこから来たの?」
「花巻です」
「いやだ同じ花巻市民じゃない。まあ、ここは本当に田舎だからねえ」と
そのまま、電話を切らずにつきあう
運転手さんは、「あっ緑色の屋根の家が見えます」とか
車の窓から見える景色を実況中継し始める
私にとっては、屋根が緑だろうが赤だろうが、さっぱり見当はつかないんだけれど
「この電話は、あなたのライフラインだね」と私は大笑い
「全くその通りです」と運転手さん
「あっ見えました!見えました!赤い屋根ですよね」と叫ぶ
私も、窓から運転手さんのトラック発見!
「私も見えるよ!」
かくして、宅急便の運転手さんは、何度も行ったり来たりしながらも
ようやくたどり着いたのでした
めでたし、めでたし!
[PR]
by ST-G | 2011-08-26 08:42
となりの神さま~189人目~
主の帰ってきた庭

岩手は先週から雨が止まず、肌寒い日が続いています
束の間の曇りを利用して、東和町立西洋風モデルガーデンのメンテをしました
酷暑の後の長雨、草が一気に元気に伸びています
リュックさんにとっても4カ月ぶりの庭です
リュックさんが居るだけで
リュックさんの鋏が入るだけで
庭の草木が生き生きしてくるのです
働く者にとっても、気持ちのいい庭です
働く人たちが、絵になる庭です

留守中を守ってくれていた仲間のひとり遥子ちゃん
f0213192_8221973.jpg

身体を動かすことは気持ちいい!!
f0213192_8235890.jpg

久しぶりの地下足袋は気持ちいい!
足の裏からじわじわ伝わってくる濡れた草と大地の膨らみ
いいんだな、これが。
f0213192_8242536.jpg

「ブッドレアの剪定は最高!いい匂い!」とリュックさん
f0213192_8245217.jpg

主が帰ってきて、庭の草木たちが喜んでいる
f0213192_825771.jpg

[PR]
by ST-G | 2011-08-25 08:25
となりの神さま~188人目~
98%の確かさと2%の不確かさ?

手術の成功率は98%
それでも、2%は???
万が一、その???のために同意書にサインする
98%は100%も同然
当然、私たちは98%の中に入るよ
これが天才云々の話だったら、98%じゃなく2%の中に入りたいのだろうけど
「普通は...98%なのに」と口ごもるとき
2%が、急接近してくる

科学的に万全を尽くし、やるべきことはやりつくし、
それでも残る微々たる2%の不確かさ
不確かさの海の中に放り出されて
「信じること」と「祈り」を手がかりに
あなたの露わな生命力へと泳ぎ進む

泳ぎ喘ぎながら、ふと気がつく
待てよ、98%こそが、本当は不確かな話で
2%こそが、本当は確か話なのでは?
だって、いのちの話だったのだから
自然の話だったのだから
2%という未知なる世界こそ
科学でも越えられない
畏れるべき自然の有り様だったのだ
これ以上に確かなことは、本当はなかったんだ、と

そして、私は安らぎを覚える
先進医療機器に守られていても
実際に心音の異常に気づいてくれたのは、医師の耳
実際に胸を切り開き、修復してくれたのは、医師の手
生身の身体と身体の触れ合いだったことに
[PR]
by ST-G | 2011-08-24 09:45
となりの神さま~187人目~
「隠された子どもの叡知」(川手鷹彦著 誠信書房)あとがきに触れて

~~表面的な「非行」や「暴力行為」の影に隠れているこの「苦痛」の存在を知ることができたとき、目のあたりにしたとき、私たちはどうするだろう。何をすべきだろう・・・
人が苦しんでいるのを見て私たちがまずすることは、「どうしたのか。何があなたを苦しめているのか」と尋ねることではないだろうか。
 この「問いかけ」こそがすべての始まりであるだろう。この「問いかけ」なしに何の治療も始まらぬ。(中略)

___________何の痛みがあなたを苦しめるのか。
そしてこの「問い」は一つに終わらず次の「問い」へと展開する。
________あなたの心は何を望むのか。
______あなたの心の真実とは何か。真の歓びとは何か。

 相手の心に真実を探ること、治療行為とそしてすべての人間同士の営みにおける核心。
 そして相手のなかに真実を見て取るためには、自らが変わらなければならない。真実は永遠であり、過ぎ去ることのないものである。自らのなかの「過ぎ去りゆくもの」、すなわち既存の価値基準や地上的なものに対するはかない憧れやこだわりがなくなってゆかなければ、相手のなかに「永遠・過ぎ去ることのないもの」を聴きとることはできないだろう。「隠された子どもたちの叡知」とは、実は、自らの心に呼び醒ますべき「叡知」にほかならないのである。~~


この3つの「問い」を自らに問いかけたい、と頭も心もいっぱいにしながら
降り立った新花巻駅
混み合う改札口に並びながら、私の横に並んでいる小さな女の子に視線が行く
女の子は頭をあげる
目が合う
「可愛い!」と口からこぼれてしまう
女の子は、はにかみながらもにこっと笑ってくれた
そして、はずかしそうにうつむいてしまった
さっきまで夢中になって読んでいた本の中から
ポン!と私の前に飛び出して来てくれたようなあなたの笑顔
「真の歓び」をもたらしてくれるようなあなたの笑顔
私の心にほっかり灯がともる
[PR]
by ST-G | 2011-08-23 09:32
となりの神さま~186人目~
古火鉢がテーブルに

火鉢の窪みに紫陽花
それは、初夏の記憶
f0213192_1131011.jpg

[PR]
by ST-G | 2011-08-22 11:42
となりの神さま~185人目~
夏休みの思い出~猿が石川(東和町)~

北上川に流れ込むこの川は
普段は愛南の遊び場所
普段はお昼を食べる休息の場所

早く水に飛び込みたいよお!と愛南
彼女だって、埼玉の酷暑をクーラーもなく耐えたんだものね
f0213192_144712.jpg

愛南は重くごっつい枝が好き
f0213192_144759100.jpg

水に入りたいのは、愛南だけじゃなかった!!
f0213192_14482567.jpg

f0213192_14483548.jpg

[PR]
by ST-G | 2011-08-21 14:48
となりの神さま~184人目~
夏休みの思い出~霧の中の八幡平~

霧の中に埋もれてほとんど姿が見えない沼地を感じながら
山野草の香りにすっぽり包まれながら歩いて、歩いて、歩いて
リュックさんと愛南はお留守番だったけれど
f0213192_1902569.jpg

ウゴアザミ 葉は足に当たるとピリッと痛いよ
f0213192_190576.jpg

用意周到、家族の荷物をすべて背負って「男はつらいよ」
f0213192_1913855.jpg

9月に入ったら一斉に色づくんだろうな ナナカマド
f0213192_1921558.jpg

歩け、歩け、歩け
f0213192_1924566.jpg

帰ってから図鑑で調べたよ 可憐なウメコバチソウ
f0213192_1931147.jpg

黒い実が幽玄の世界に誘い込むアオモリトドマツ
f0213192_1934444.jpg

頂上で~す!
f0213192_1941344.jpg

は~い、3ショット
f0213192_1944758.jpg


他にもあったよ、シロバナトウウチソウ、クルマユリ、ミヤマトリカブト、ミヤマウスユキソウ、ニッコウキスゲ、トウゲフキ、エトセトラ、エトセトラ.....
[PR]
by ST-G | 2011-08-20 19:04



グロッセ世津子のブログです
by ST-G
リンク
カテゴリ
全体
園芸療法・生活全般
未分類
最新の記事
まるごと〇
at 2017-02-24 21:24
まるごと〇
at 2017-02-23 20:12
まるごと〇
at 2017-02-15 19:43
まるごと〇
at 2017-02-14 21:16
まるごと〇
at 2017-02-08 17:15
最新のコメント
朝、良い気分で始まると、..
by リーフ at 17:41
小さな赤い実が、かわいい..
by 土橋史子 at 06:09
コメントありがとうござい..
by ST-G at 10:41
こんにちは♬ 今、気付き..
by 通りすがり@mica at 09:39
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 21:22
お忙しい中、コメントをあ..
by リーフ at 22:56
コメントをいただいていた..
by St-G at 12:10
淡路島の学校は、夢叶わず..
by リーフ at 14:38
久々のイモムシさん、そし..
by St-G at 12:47
こんにちはー。^^ ク..
by 通りすがり at 23:38
検索
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧