<   2012年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
となりの神さま~282人目~
「いま、ここ」に精一杯心を開いて生きたいな

そんなことを思い出させてくれる詩にであいました。

「あなたが眠りにつくのを見るのが 最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて 神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう
あなたがドアを出て行くのを見るのが 最後だとわかっていたら 
わたしは あなたを抱きしめてキスをして そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう
あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが 最後だとわかっていたら 
わたしは その一部始終をビデオにとって 毎日繰り返し見ただろう 

確かに いつも明日は やってくる 
見過ごしたことも取り返せる 
やりまちがったことも やり直す機会が いつでも与えられている
『あなたを愛してる』と言うことは いつだってできるし
『何か手伝おうか?』と声をかけることも いつだってできる 
でも もしそれがわたしの勘違いで 今日で全てが終わるとしたら 
わたしは、今日 どんなにあなたを愛しているか 伝えたい 

そして私達は 忘れないようにしたい 
若い人にも 年老いた人にも 明日は誰にも約束されていないのだということを 
愛する人を抱きしめるのは 今日が最後になるかもしれないことを 
明日が来るのを待っているなら 今日でもいいはず 
もし明日が来ないとしたら あなたは今日を後悔するだろうから 
微笑みや 抱擁や キスをするための ほんのちょっとの時間を どうして惜しんだのかと 
忙しさを理由に その人の最後の願いとなってしまったことを 
どうしてしてあげられなかったのかと 
だから 今日 あなたの大切な人たちを しっかりと抱きしめよう 
そして その人を愛していること いつでも いつまでも大切な存在だと言う
ことを そっと伝えよう
『ごめんね』や『許してね』や『ありがとう』や 『気にしないで』を伝える時を持とう 
そうすれば もし明日が来ないとしても あなたは今日を後悔しないだろうから」

ローラ ホートン(訳:佐川 睦)
[PR]
by ST-G | 2012-03-26 11:02
となりの神さま~281人目~
桃の缶詰

39度近い熱が出て、2日間泥のように眠りました。
ほんとんど飲まず、食わず、で
唯一、桃の缶詰だけは明日香に買ってきてもらって、おいしくいただきました。
子どものとき、風邪を引くと、なぜか父がこの桃の缶詰を買ってきてくれたのですよね。
病気になった者の特権で、ちょっとした贅沢でした。
熱が出ても、「やったあ~、これで桃の缶詰食べられる!」くらいに思っていたかもしれません。
病気にならない者は、ただただうらやましかったかな。
だから、私にとって、桃の缶詰は熱さましのおまじないのようなもの、なのです。
一時は、インフルエンザを疑いましたが、結局2日で熱は下がりました。

こんなときに無理して、とリュックに叱られながら、東和町に帰ってきてしまいました。
今週は、今年最後の花っこクラブがあるし、東和町を去るお友達の送別会もあるし、
温泉のお庭の来年度のメンテについての打ち合わせもあるのです。

おととい、高速を降りて東和町に入ると、しめしめ雪はほとんどありません。
道路もすっかり乾いています。
それでも、前日からまた真冬に戻ったような寒さで、雪も降り始めていました。
そしてね、我が家は?と言うと、まだまだしっかり冬でした。
f0213192_855023.jpg

昨日は、朝から、愛南が何度も何度も外に出たがります。
そして、催促するような顔で私を見ます。
「いつ、出かけるの?」と
そうなんです。彼女は、すっかり泳ぎに行く気になっているのです。
私は、まだ寒い外に立っている自信がありません。
でも、愛南は私を見つめ続けます。
仕様がない、出かけることにしました。
ホッカイロも貼って、だるまさんのように着込んで...
早春の猿ケ石川へ
f0213192_873991.jpg

愛南にとっては、4か月ぶりの川遊びです
f0213192_8105428.jpg

[PR]
by ST-G | 2012-03-22 08:11
となりの神さま~280人目~
36回目の結婚記念日

これまで、あらたまってお祝いなんてしたことなかったんですが、
今年は、十分騒いだ甲斐?あって、
花束とお手紙と手料理とワインでお祝いしてもらいました
f0213192_1338773.jpg

お料理は、お友達の雁ちゃんがシェフ。中国四安地方の家庭料理です
f0213192_13401756.jpg

おいしいの、なんのって!!
次回は、金婚式ね、なんて話したら、
みんなそのときの自分の年齢を数え始めて、絶句
[PR]
by ST-G | 2012-03-16 13:42
となりの神さま~279人目~
36回目の結婚記念日

f0213192_14214614.jpg

f0213192_14232756.jpg

[PR]
by ST-G | 2012-03-07 14:22
となりの神さま~278人目~
虹色のたまねぎ

できちゃった、できちゃった
虹色の種ならず虹色のたまねぎが
f0213192_1529569.jpg

臨床アート教室にて
[PR]
by ST-G | 2012-03-05 15:30
となりの神さま~277人目~
やっぱり嬉しいな、コメント

園芸療法の古くからのお友達「(山梨)の土いじり大好きおばさん」から、
思いがけず届いたコメント
共感してくれたのも嬉しかったです
毎日読んでくれていることも、とても有難かったです
いつも、自然の恵みをたくさん送ってくれる土いじり大好きおばさん、なのです
ご紹介させてください

”毎日楽しみに拝読しているブログ
今日の
「できない人とは 未だできるようになる機会に
巡りあっていないだけなんだ」

わぁ~!嬉しい!同じだ~!と

私もいつもそう思っていました。
できないことが いっぱいあることは、
できるようになることが いっぱいあるってこと。
わからないことが いっぱいあることは
わかるようになることが いっぱいあるってこと。

こんないいことが いっぱいあるなんて・・・
嬉しいですよね。”

私もいつも思うのです。
欠点に見えることが、実は「才能が開花するための資源なんじゃないか」って.....
[PR]
by ST-G | 2012-03-04 10:20
となりの神さま~276人目~
むい工房からこぼれ種

このむい工房での園芸療法教室では、ハーブやお花を使った手浴も紹介させていただきました。
洗面器に人肌くらいのお湯を入れて、ハーブや季節のお花を散らしたものに手を浸ける、
というものです。
ハーブの香りやきれいな花びらの色に心も身体も暖まる、とても優しい活動です。
ちなみに、こんな感じです。「いい匂い!」と鼻まで浸ける勢いでしたが。
f0213192_12145565.jpg

参加者の中に重い脳性まひの方々と日々関わっていらっしゃる方がいましたので、
この活動をお勧めしてみました。
洗面器を手の傍まで持っていってあげればいいのですから.....
昨日、その方と電話でお話ししたのですが、
「さっそくやってみました。とても喜んでもらえて、またやって欲しいと言われました」と、それは嬉しそうに言ってくださるのですよ。
私も、場面を想像しながら心がポカポカになりました。
そして、頭の中がくるくる回転し始めます。
今度の6月の教室では、どんなことがご紹介できるかな、と。

ある福祉施設でお会いした脳性まひの青年のことが思い出されます。
その日、みんなで花壇の植え付けをしていました。
そこに、車椅子の彼が現れます。
車椅子に固定されたラジオから流れる音楽とともに.....
彼は、傍で私たちの様子を見ています。
「一緒に植えてみますか?」と声をかけると、大きくうなづいてくれます。
幸い、柄の長いシャベル(改良道具)がありましたので、それを勧めてみました。
花壇は地べたですから、彼の位置から届くように、です。
彼は、全身全霊でシャベルで穴を掘り、私がそこにマリーゴールドの苗を置きます。
彼は、土を寄せます、
私は、その土を手で馴染ませます。
こうして、3ポット植えることができたのです。
そのときの彼の嬉しそうな顔ったら.....
驚いた職員さんの言葉が忘れられません。
「彼にとって、生まれて初めての体験ですよ」

私はいつも自分に言い聞かせるようにしています。
「できない人とは、未だできるようになる機会に巡り合っていないだけなんだ」と。
今回の手浴で、ちっちゃなことでも、お互いに、できることや喜びを分かちあえる時間を見つけるお手伝いができたと思うと、本当にワクワクするのです。
[PR]
by ST-G | 2012-03-02 12:14
となりの神さま~275人目~
ミダス王の額縁

2月22日は、むい工房での園芸療法教室でした
参加者は、実際に園芸療法に携わっている方、学んでいる方、福祉関係で働き興味のある方、などなど
「園芸療法のこころ」を読んで感動した、と話してくれる方も数人いらして、ちょっと嬉しかったです
お話だけではなく、手仕事もしました
2月初めに神根福祉センターでさせていただいた活動「ミダス王の額縁」作りです
この活動を考えてくれたのは、神根の活動を手伝ってくれている研修生のおひとり守田さん
触れるもの全てが金に変わる、という願い事がかなったミダス王にまつわるギリシャ神話からヒントを得て思いついたそうです
段ボールのフレームを木の実、麻ひも、葉、ドライフラワーなどで飾り、一気に金のスプレーで金色の額縁に変身させよう、というものです
f0213192_11154229.jpg

f0213192_1116556.jpg

作る前に、ミダス王のお話しに耳を傾けてもらいます
「触れるものが全部金に変わるなんて、素敵!」と思いきや、果たして話の行方は?

お昼は、むい工房の薛(せつ)さんの手料理にみなさん感激
炊き込みご飯とお汁と白菜の浅漬け、それはそれはおいしかったのです

前日のアート教室ともども好評で、次回は6月10日(日)・11日(月)決まってしまいました!
[PR]
by ST-G | 2012-03-01 11:16



グロッセ世津子のブログです
by ST-G
リンク
カテゴリ
全体
園芸療法・生活全般
未分類
最新の記事
まるごと〇
at 2017-02-24 21:24
まるごと〇
at 2017-02-23 20:12
まるごと〇
at 2017-02-15 19:43
まるごと〇
at 2017-02-14 21:16
まるごと〇
at 2017-02-08 17:15
最新のコメント
朝、良い気分で始まると、..
by リーフ at 17:41
小さな赤い実が、かわいい..
by 土橋史子 at 06:09
コメントありがとうござい..
by ST-G at 10:41
こんにちは♬ 今、気付き..
by 通りすがり@mica at 09:39
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 21:22
お忙しい中、コメントをあ..
by リーフ at 22:56
コメントをいただいていた..
by St-G at 12:10
淡路島の学校は、夢叶わず..
by リーフ at 14:38
久々のイモムシさん、そし..
by St-G at 12:47
こんにちはー。^^ ク..
by 通りすがり at 23:38
検索
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧